不動産担保ローンにかかる費用

不動産担保ローンにかかる費用

無担保ローンと大きく異なる特徴

無担保ローンの場合には、借入の申し込みをすると審査が行われ、審査で承認された利用限度額までを借りることができます。その際に、手数料がかかることはほとんどありません。しかし、不動産を担保に入れる有担保型の借り入れにおいては、契約する際に諸経費がかかることが多いので、金融機関を比較する際には費用面も良くリサーチしておかなければいけません。金融機関ごとにどのような諸経費や手数料がかかるかは異なりますし、かかる金額も変わります。不動産担保ローンでは場合によっては諸経費として数十万円かかってしまうこともあるので、注意しなければ契約する時に驚くことになってしまいます。

経費の内訳

不動産担保ローンは、不動産の価値に合わせた金額を借りることができるので、まずは不動産の鑑定にかかる諸経費が発生します。また、ほかの金融機関の抵当に入っていないかを調べたり,不動産登記の変更などの諸経費もかかってきますし、印紙代や事務手数料などがあります。資金力のある銀行などでは、こうした手数料は実際にかかった実費のみを自己負担することになるケースが多いのですが、場合によってはこれらの審査プロセスを専門のサービス会社へ委託する金融機関もあり、その場合にはそうしたサービス利用料金などもかかるため、諸経費はさらに高くなってしまいます。不動産を担保に入れて低金利でお金を借りることができても、諸経費が高くついたのでは意味がありませんから、最初によく比較しておきましょう。

分からなければ質問すること

有担保型のローンは、実際に申し込みをする前に担当者がプロセスやかかる費用などを説明してくれることが多いものです。説明された点が理解できなかったり、わからない点が残っている時などは、どんどん積極的に質問し、納得した上で申し込みをするようにしましょう。実際に申し込んでしまうと不動産鑑定や登記変更などの手続きが行われてしまうので、契約する時に諸経費を請求されて驚いても、すでにキャンセルすることはできなくなってしまいます。

↑ PAGE TOP