不動産担保ローンの審査について

不動産担保ローンの審査について

借りやすくなる

どんな金融機関でも、お金を借りる際には必ず審査が行われて、借入申込者の返済能力が融資回収の可能性などが慎重に審議されることになります。不動産を担保に入れる有担保ローンの場合には、無担保で借りる場合と比較すると借りやすくなることは確かですが、不動産に価値があっても本人の返済能力に問題があると判断されると、審査落ちする可能性もあるので気を付けなければいけません。不動産担保ローンの審査では、本人の返済能力が審査されると同時に、不動産鑑定が行われていくらの価値がある不動産なのか、万が一金融機関が回収した場合には売却して融資回収できる不動産なのかどうか、という点が審査されることになります。

気になる審査基準

不動産担保ローンの場合には、いくつかの審査基準で多方向からの審査が行われます。まず、借入申込者の年収や勤続年数、職業が審査されます。また、他社からの借り入れや返済状況などがチェックされると同時に、過去の借り入れ状況や返済状況、返済遅延などの事故記録があるかどうかなども審査されます。ここでもし事故記録があった場合、無担保ローンだと審査落ちになる可能性が高いのですが、有担保の場合には「担保が入っているので融資の回収はできる」として審査に通る可能性も期待できます。また不動産についても鑑定が行われ、融資回収可能な不動産価値が審査されることになります。

融資を受けられない場合も

不動産担保ローンを申し込んでも、融資を受けられないことはあります。その理由には、希望する借入額が不動産の価値よりも高い場合、不動産がすでに他の抵当に入っている場合、申込者の返済能力や信用が著しく良くない場合、などがあげられます。有担保の借り入れは無担保と比べると借りやすいというメリットはありますが、それでも100%確実に借りられるというわけではない点は、あらかじめ覚えておきましょう。また、不動産を担保に入れるからと言って、返済能力を超えた借り入れは、大切な住まいを失うリスクがあるので注意が必要です。

↑ PAGE TOP