不動産担保ローンの返済方法

不動産担保ローンの返済方法

住宅ローンと似ている

不動産担保ローンというと、持っている不動産を担保に入れることによって低金利でお金を借りるという金融商品ですが、住宅を購入する際にはほとんどの場合、住宅を担保に入れて低金利でかりる不動産担保ローンとなっています。そのため、住宅購入を目的としない場合でも住宅を担保に入れてお金を借りる際には、返済方法は住宅ローンの返済方法ととても良く似ていることが多いようです。

金利はどうするか

不動産担保ローンを比較してみると、借り入れる額がまとまった金額になるために返済額も長期に及ぶことが多くなります。金利は無担保ローンと比較するとかなり低金利で借りることができますが、固定金利、変動金利、固定金利と変動金利の長所を取ったミックス金利など、金利の取り扱い方もいくつかの種類から選べます。現在の日本の経済においては、金利は史上最低と言われるほどに低金利なので、固定金利で完済まで返済するのも決して損ではありませんが、もっと低くなるかもしれない金利で毎月の返済を低く抑えるチャンスを逃したくない人なら、変動金利もしくはミックス金利を選択する方法も良いでしょう。

指定された生命保険加入が条件になることも

不動産担保ローンのようにまとまった金額を有担保で借りる場合には、借入の条件として、指定された生命保険への加入が条件となっていることがあります。補償額はローン残高にマッチすることが多く、自分で決めることはできないのが特徴です。これは、借入申込者が万が一の時にも、同居している家族が住まいをなくさなくて良いようにという配慮によるもので、残っている住宅ローンの残額は、その生命保険を使って相殺されることになります。ちなみに生命保険の加入料は、毎月の住宅ローンと合わせて返済額に盛り込まれていることが多いようです。大切な住まいを担保に入れてお金を借りる場合には、こうした万が一の安心感をつけることも忘れずにカバーしておきたいものですね。

↑ PAGE TOP