消費者金融系の不動産担保ローンとは

消費者金融系の不動産担保ローンとは

銀行よりも借りやすい

不動産担保ローンを取り扱う金融機関には、銀行や消費者金融などがあります。このうち、審査が厳しいのは銀行系と言われていますが、有担保型の借り入れ商品では銀行の審査も無担保の借り入れよりも審査基準が緩くなるので、カードローンやキャッシングなどの借り入れ商品では審査落ちしてしまう人でも、有担保型の借入なら貸してもらえるということはあるようです。しかし、消費者金融の場合には、銀行よりも多額の融資を受けることもできるという点が大きな特徴となっています。審査基準も銀行と比較するとかなり緩くなっていることが多いので、確実にまとまった金額を借りたいという人にとっては、最初から消費者金融の借り入れを狙うという方法もアリです。

返済期間が長いものも

不動産を担保に入れてかりるローン商品として代表的な住宅ローンは、金融機関によって返済期間は異なりますが、一般的には35年ローンが最長になっている所が多いですし、完済時の年齢も上限が設定されている借り入れ商品が殆んどです。そのため、マイホームを購入する年齢によっては、35年ローンを組みたくても年齢的な制限で組めないこともあり、泣く泣くローンの返済期間を短くしなければいけないこともあります。しかし消費者金融の場合には、この年齢制限も緩和されている所が多いですし、場合によっては35年以上の長期返済が認められている所もあるので、毎月無理のない返済を続けたい人にとっては、とても借りやすい金融機関と言えます。

悪徳業者には要注意

消費者金融系の不動産担保ローンは、銀行と比較すると借りやすくて毎月の返済も楽にできるというメリットが期待できますが、その一方で、規模が小さな消費者金融の中には悪徳業者などもたくさんあるので注意が必要です。無担保でお金を借りる場合でも、こうした悪徳業者の存在には十分に気を付けなければいけませんが、大切な住まいを担保に入れる場合には、万が一の時には家屋を失ってしまうリスクがある事を念頭に置き、徹底的にリサーチして業者選びをしたいものです。

↑ PAGE TOP